<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

16年度インターンシップを行いました。

16年12月13日~15日の3日間茨城県立土浦工業高等学校よりインターンシップを実施しました。
1日目は、第二工場の見学をして、その後入社1年目の石井くんの入社理由、入社後の感想、今後の目標を聞いてもらいました。
石井くんは、小さい頃から物づくりに関心があり、特に溶接に興味がありました。この会社に入社すればいろいろなことにチャレンジ出来ると思い応募しました。
入社後の感想は、溶接の仕事の他にもいろいろな仕事に興味があり、やりがいを感じます。どんな仕事でも頑張りたいです。これからは早く一人前になって
頼られるような人間になりたいです。と話してくれました。その後は、バラしの作業を体験しました。終了1時間前には感想や次の日の目標を話し合いました。
最初は話す人もいなくて戸惑いましたが、周りの方が休憩の時に話しかけてきてくれてとても励みになったとのことでした。会社は学校と違って生活環境や年齢
など様々な方が働いています。ただ1つ同じ事は、自分が働きたい仕事がこの会社にあったということです。そのことを忘れなければ最初のさみしさは少しは紛れると
思います。そして、目標を持つことです。例えば、今日製作するのに10分かかったら明日は9分に出来ないかなとか、漠然としたものでかまいません。
目標を持つとそこに向けて頑張ろうと思うことが出来るので、明日はやってみましょうとお話しさせてもらいました。
2日目は、第一工場を見学して、その後入社5年目の小松崎くんの入社理由、入社後の感想、今後の目標を聞いてもらいました。
小松崎くんは、プログラムの仕事に興味があり弊社を応募しました。入社後の感想は、プログラムの仕事は難しいですが、一生懸命努力してうまくいったときは
とても嬉しいです。今後はもっと経験を積んで頑張っていきたいです。と話してくれました。その後は、本人の希望でもある溶接の仕事を体験しました。終了1時間前には感想や次の日の目標を話し合いました。今日の作業は本当に楽しかったですとの事でした。休憩の時にあまり自分から話せなかったので明日は話したいですとのことでした。最終日は、12年目の方で考えていましたが、仕事を優先してもらい代わりに入社9年目の私がお話させていただきました。私は、総務や生産管理の仕事とプログラムの仕事をしています。いろいろな期日のある仕事をしているので、毎日時間配分をして平行して仕事が終わるようにスケジュール管理するのがとても大変でしたが、毎日スケジュールを自分で立てることでそれが目標になって、達成することができるようになっています。限られた時間の中でいい結果を出せるように日々仕事をしています。今後は、去年からSheetWorksを担当していて、今まで2次元で伸び値で考えていたものが、線や円などに材質や板厚などの属性を付けていく考え方が全く違う3次元CADに最初はとても慣れるのが大変でしたが、今では現場が作りやすくするため分解したり結合させたりできるようになりました。これからも諦めずに頑張り続けたいです。そして一番の目標は、働いているみんなが働きやすい環境作りを少しづつですが頑張りたいです。
インターンシップを応募してくれた方の高校生活と明るい未来を応援します(*^_^*)。頑張ってくださいね。
a0341809_16504256.jpg
a0341809_16483127.jpg

a0341809_16490087.jpg


by turumaci | 2016-12-27 18:22